働く前に理解しておくべき塾の仕事スタイルと休日について|Nursing in Tokyo
HOME>特集>働く前に理解しておくべき塾の仕事スタイルと休日について

目次

自分に合ったところを選ぶ

学習塾で仕事をしたい場合には、自分に合ったところを選ぶのが一番長続きして結果を出すことができるでしょう。学習塾は大きく分けて2種類あり、個別指導と集団授業があります。意見どちらも似ているようですが仕事内容が違います。個別指導は、生徒一人から二人に対して先生がひとりになります。社員の場合には、教室の担当者としての役割が与えられるでしょう。時折授業をすることもあります。5科目の全般的な知識が必要です。個別の塾の求人で言えば、少ない傾向があります。一方集団授業の方は、先生がひとりに対して生徒が10人前後になるのが普通です。社員ならば担当者になりますが、授業を行う場合には特定の科目を深理解していることが大事です。求人は集団授業の方が多い傾向があります。

祝日や日曜日は休める

学習塾の種類にもよって異なりますが、たいていのところでは祝日や日曜日に休むことができる点が求人の場面で人気の理由といえるでしょう。最近の職業はさまざまのものがありますが、なかなかカレンダーが赤い日に休むことができない職業が多いです。そのなかで、学習塾で仕事をするとたいていの場合日曜日や祝日は休みになります。ただ例外もあり、テスト前などは休みを返上して出なければならないことが多いです。

人からよく見られやすい

学習塾の仕事をしていると人に伝えれば、何らかの良い反応を得ることができます。よく言われるのは、頭がよさそうといったことや夢のある仕事などと言われます。このように言われれば、本人もやる気を出すことができるでしょう。少なくとも世間的には、良い仕事のイメージとして通っている傾向が見受けられます。このように、世間的にもイメージが良い点が求人で人気の理由の一つです。

広告募集中